マイクロスコープ

歯科医療においては、歯など治療対象が大変小さく、繊細な手技が要求される医療です。
これまでの歯科医療では、細かい作業において歯科医師の「技術」や「勘」、「感覚」に頼る部分が大きく、その結果多くの不具合が生じることがありました。
医科領域では、脳外科などで採用されるようになっておりますが、近年歯科用のマイクロスコープが開発され導入する歯科医院が増えてまいりました。
はらぐち歯科クリニックもより高度で患者様の為に最良な歯科医療を行うために、歯科用マイクロスコープを採用した治療を行っております。

より精度の高い歯科医療のために

精度の高いライカ社のマイクロスコープを導入。

歯科治療において、たとえばクラウンの適合性は数十um(マイクロメートル) 程度であれば良好とされていますが、このレベルは人間の裸眼での二点識別閾といわれている0.2mm をはるかに下回ります。つまり、裸眼による治療では術野に十分な情報を把握しているとは言えず、おのずとその限界があります。
ただし、拡大率さえ高倍率で使用すればそれでよいというものではなく、診査、術式などにより、臨床的に有効な倍率は異なります。

たとえば、診査、診断などでは10~20倍程度、圧排やプレパレーションでは3~10倍前後といったように、各臨床ステップで有効な倍率がことなるものと考えられています。
そのため、1つの倍率のルーペだけでは限界があります。
マイクロスコープによる治療の最大のメリットは、明るい照明下で治療対象を拡大し、治療が行えることです。
あらゆるシーンにおいて正確に処置することが出来るので、治療や手術において、治療面積を最小限にとどめて感染や術後の痛みといったリスクを抑えることにもつながります。

また補綴においても、マイクロメーターのオーダーで精巧に造られたクラウンやブリッチのフィッティングに絶大な威力を発揮します。
マイクロスコープでは写真機やビデオ機器を取り付けることにより、患者様へのビジュアルによる説明が可能となり、インフォームドコンセントにも役立つと考えております。

まずは相談してみよう:メール無料相談はこちらから